使い捨てボールペンV.S.ブランドボールペン


使い捨てシャーペンV.S.ブランドシャーペンという記事をシャーペンの記事に書きましたが、
ボールペンでも使い捨てとブランド物のどちらが良いか、私なりに書いてみます。

シャーペンの時は「どっちでもいいじゃん」的な結論になりましたが、
ボールペンの場合はちょっと勝手が違います。



使い捨てボールペンのメリット

まずは使い捨てボールペンのメリットから。

安い
替芯も安い
最新技術の影響がはやい

まず、使い捨てボールペンは値段が安い。
1本あたり100円程度で買うことができます。

ですので、落として失くしても懐は痛みません。
書き味が悪くても、捨てて新しいのを買い直せば良いだけです。


また、替芯も安いです。
殆どの替芯が100円以内で購入できます。


そして・・・一番のメリットといえば、最新技術の恩恵を一番早く受けることでしょう。

例えば三菱のジェットストリーム



私も実際に使用していますが、あまりにも滑らかすぎて
他のボールペンが使えなくなる程の書き味です。

また、三菱のパワータンクも、水中や無重力状態で筆記可能で、
インクの途切れを起こさないという優れモノです。





このような最新技術を投入したボールペンは、ブランド物ではめったに無いし
あったとしても大変高価なものとなります。

パーカーのインジェニュイティは「第5世代の筆記具」とかいわれていますが
本体が1万円以上、替え芯も1000円します。






これなら、ペン先が金無垢の万年筆を買った方が良い気がします。

このように、ブランド物なら凄い値段になる最新型も、使い捨てボールペンなら
数100円で済むのです。



使い捨てボールペンのデメリット

チャチ、貧乏くさい

使い捨てボールペンのデメリットといえば、
素材がプラスチックでチャチ、安物っぽくみえる
これくらいでしょうか。

書き味は良いが、グリップ部分がゴム製で何とも貧乏くさい。

書き味重視の人は全く困らないでしょうが、
私の様に見た目を気にする人間にとっては由々しき問題ですw

せめて、ピュアモルトのペン軸でジェットストリームの替芯が使えたり、
ペン軸がオール金属のジェットストリームが発売されれば良いのですが
そのようなこともありません。



というわけで、次回はブランド物のボールペンについて書いていきます。



後編に続く>>

ボールペンのメニューに戻る>>